お取り寄せ
パンフレット
松浦
寺山団助妻女の墓

スポンサードリンク

鍋串免字坪川にあり。天正十七年(1589)七月十日、志佐勢の夜襲を受け、夫の命により落ちのびようとした体月妙用(釈名)は侍女とともに追手にかかり、この地で悲愴な最後を遂げた。身にそれぞれ五カ所と三カ所の傷を負った主従は、今わのきわに墓に五カ所、三カ所の傷をつけて葬ってほしいと言って息絶えたという。その後、夜な夜な悲痛な声が聞こえたというので村人はここを「夜泣越」ヤナンゴと言った。
問い合わせ
教育委員会 文化財課 電話:0956-72-1111
所在地
長崎県松浦市福島町鍋串免
鉄道・バス
鍋串バス停から徒歩約1km。福島港から約6.5km。