お取り寄せ
パンフレット
松浦
弁天島岩脈

スポンサードリンク

里免899番地地先から約400m沖の弁天島にかけて高さ1~1.5m、幅1~5mの岩脈が断続的につづき干潮時は露出する。
この岩脈は、黄褐色の砂岩のさけ目に黒色緻密の玄武岩が貫入したもので、その後海水の浸食により軟らかい砂岩が削られ、硬い玄武岩の岩脈が露出したものである。
土地の人は、この岩脈を「黒瀬」と呼んでいる。
長崎県指定天然記念物 昭和36年11月24日指定
問い合わせ
教育委員会 文化財課 電話:0956-72-1111
所在地
長崎県松浦市福島町里免
鉄道・バス
福島港バス停よりバスで15分、里バス停で下車、右方海岸にこの岩脈が見える。農道づたいに歩いて約5分の距離にあり、干潮時には弁天島まで岩脈が露出する。福島港から約5.1km。