お取り寄せ
パンフレット
松浦
慈光寺の金銅阿弥陀如来坐像

スポンサードリンク

(じこうじのこんどうあみだにょらいざぞう)
県指定有形文化財 平成20年2月22日指定

昭和58年(1983)、境内にある池の大掃除の際に発見されました。由来などはわかりませんが、高麗中期の仏像と思われ、1392年に高麗が滅亡した際の廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)により、貿易船を通じてこの地に運ばれたと考えられています。
問い合わせ
教育委員会 文化財課 電話:0956-72-1111
所在地
長崎県松浦市御厨町中野免20