お取り寄せ
パンフレット
松浦
白浜源介(助)の墓

スポンサードリンク

(しおはまげんすけのはか)
源介は直谷城主志佐純正の家老で、直谷城が永禄7年(1564)に平戸から攻められた際に、幼い城主の子を背負い、相神浦(あいのこうら)〈佐世保相浦〉に落ち延びました。その後、平戸城主の娘婿であった直谷城主の弟・純意(すみもと)を志佐城主にするため、平戸方のいいなりになる、純意の名で白浜館は攻められ、天正13年(1585)、源介は上意討となりました。
問い合わせ
教育委員会 文化財課 電話:0956-72-1111
所在地
長崎県松浦市志佐町白浜免