お取り寄せ
パンフレット
松浦
羽黒神社(はぐろじんじゃ)
文治(ぶんじ)5年、神代出羽権守(こうじろでわのごんのかみ)という人が、羽黒山大権現の分霊を奉じ、奥州卒土ヶ浜を出、ここに「羽黒大権現の社号を奉り鎮座す」とあります。また、源義経の自刃後、その家臣佐藤元治が吉井(北松浦郡)の地に居を定めて羽黒三社権現の分霊を奉祠し、その後現在地に遷宮(せんぐう)したという伝説もあります。
所在地
長崎県松浦市星鹿町岳崎免30