お取り寄せ
パンフレット
松浦
鷹島歴史民俗資料館
1281年(弘安4年)7月30日の夜、総勢4千4百隻の船と14万人ともいわれる元軍の大半が鷹島周辺の海底に沈んだという史実のもと、鷹島周辺の海では昭和56年7月から調査が行われ、数多くの元寇遺物が発見されています。資料館では、そうした海底から発見された貴重な遺物、その他考古学・民俗学の資料を収集・展示しています。

○展示内容
【元寇資料】 元寇遺物(海底):青銅印、つぼ、陶磁器片、石製品、鉄製品
【考古資料】 土器、石器、その他
【民俗資料】 生活用具、農・漁業用具、その他

(注意)テレビ・雑誌等の取材については、必ず事前に松浦市教育委員会の許可を得ておく必要があります。詳しくは下記リンク先(鷹島歴史民俗資料館・埋蔵文化財センター取材申請)をご参照ください。
営業時間
午前9時~午後5時
休日
【休館日】 毎週月曜日および12月29日~1月3日
駐車場
あり 無料
問い合わせ
松浦市立鷹島歴史民俗資料館 電話:0955-48-2744
所在地
長崎県松浦市鷹島町神崎免151番地
マイカー
○鷹島肥前大橋からより車で約5分
○今福港 → (フェリーで約30分) → 鷹島町殿の浦港 → (車で約5分) → 鷹島歴史民俗資料館