お取り寄せ
パンフレット
松浦
資料館・神社・社叢
今宮神社・広久山満福寺
鷹島エリア

元寇で鷹島を守るために活躍した第14代松浦答の墓や五輪塔、宝筐印塔が無数にあります。境内には樹齢450年といわれる大銀杏があり、昭和32年に長崎...
鷹島埋蔵文化財センター
鷹島エリア

昭和56年7月から開始された鷹島周辺の海での遺物調査と引き揚げ作業によって、数多くの貴重な元寇遺物が発見されています。長い間海底に埋もれていた遺...
鷹島歴史民俗資料館
鷹島エリア
紹介ムービー有

1281年(弘安4年)7月30日の夜、総勢4千4百隻の船と14万人ともいわれる元軍の大半が鷹島周辺の海底に沈んだという史実のもと、鷹島周辺の海で...
遺跡・記念碑
開田の七人塚
鷹島エリア

1274年文永の役で、鷹島に上陸した元軍は、我が防衛軍の不備に乗じて島民のほとんどを虐殺しました。船唐津免の開田付近は当時山深く、人目につきにく...
牧の岳史跡公園
鷹島エリア

鷹島で一番高いところに位置する、標高117mの牧の岳。島全域と四方をとりまく海を見渡すことができます。平戸藩時代、付近一帯は平戸和牛の放牧場だっ...
銅造り如来坐像
鷹島エリア

この仏像は、元軍が船に安置して礼拝をしていたものと言われ、大暴風雨のため船とともに海底に沈んだと伝えられています。江戸時代の終わり、ある漁師が原...
龍面庵
鷹島エリア

この龍面庵は、1281年弘安の役で鎮西奉行少弐経資の弟、景資が本陣を構えたところと伝えられています。運命の日、旧暦7月30日の大暴風雨により鷹島...
宮地嶽史跡公園
鷹島エリア

昭和45年に史跡公園として整備され、本島で最も眺めがよいところです。展望絶景の地で玄界灘が一望できる高台に宮地嶽神社、愛宕神社が祀られており、五...
その他
対馬小太郎の墓
鷹島エリア

里免清水川の南側丘の上にあり、対馬の守護代・宗助国の家臣、小太郎の墳墓です。 小太郎は、文永の役の際、対馬から元軍の襲来を大宰府へ報告するという...
兵衛次郎の墓
鷹島エリア

兵衛次郎は、元軍襲来を対馬小太郎と共に大宰府に報じ、また、小太郎と共に戦い鷹島で戦死した一人です。神崎免伊野利の浜、西南方の丘の上にお墓が建てら...